ひきこもり 脱出

ひきこもりから脱出させる方法とは

34歳の息子を長期ひきこもりから脱出させた方法とは


 初めまして。私は34歳の息子をもつ68歳の主婦です。

 実は、私と息子は長い間ある大きな問題を抱えていました。

 その問題とは「長期ひきこもり」です。



 ひきこもりというと、部屋から一歩も出てこない姿をイメージしてしまいますが、

 私の息子は部屋からは出てはくるものの家から出ることはほとんどなく、

 家族以外の人と会話をすることがないような状態でした。


 
 もともと息子は22歳で大学を卒業して就職して働き始めたのですが、

 学生時代から問題を起こすこともなく、友人にも恵まれて過ごしてきていました。


 会社でも特に問題はなかったようなのですが、ある日突然会社を辞め、

 それ以来ずっと家にこもりっきりとなってしまったのです。


 
 会社を辞めた原因は、仕事で大きなミスをして叱責され、

 会社に行こうと思うと汗が止まらなくなり

 動悸やめまいに悩まされる
ということでした。



 最初は夫もそれくらいのことで・・・と会社に行かせようとしましたが、

 息子があまりにも取り乱すためしばらくの間ゆっくり家で休んだほうがいいと思い、

 様子をみることにしたのです。

 

 その間もカウンセリングを受けたり、さまざまな本を買ってみましたが、

 どうやら息子は対人恐怖症とうつになってしまったようでした。



 それから長い期間通院を繰り返しながら状況の改善を願っていたのですが、

 結局5年間まったく改善の傾向はなく

 ついに夫の定年を控え収入がなくなってしまう状況が近づいてきたのです。

 
 そんなときにあるセミナーで知ったのが、

 ひきこもりから脱出に成功した、ある親子のお話でした。



 早速自宅で調べてみると、現在その方はそのときの経験や様々な事例を元に、

 ひきこもりからの脱出をアドバイスなさっているということがわかったのです。



 わらにもすがる思いで早速申し込みました。

 結論をいうと、なんとその日からたった2ヵ月後には息子が家をでて、

 就職活動をするようになった
のです。



 現在では夫も無事定年を迎え、

 息子の再就職先での初任給でもらった定年のお祝いの湯のみで

 毎日夫とお茶を飲むことができています。

 
 もしあなたの大事な人がひきこもりで悩んでいるのならば、

 ぜひ一度ひきこもり脱出法をご覧になってください。

 驚くほど簡単に、事態が好転していくはずです。

申し込みボタン

PageTop




HOME - ■メニュー1■ - ■メニュー2■ - ■メニュー3■ - ■メニュー4■ - ■メニュー5■ - サイトマップ